ジグヘッドの姿勢を意識する|アジング

こんにちはBEASTです

<strong>BEAST</strong>

BEAST

アジングしてる時の水中でのジグヘッド姿勢

今回はアジングしてる時の水中でのジグヘッド姿勢について書いてみようと思います。

ジグヘッドの姿勢

僕はアジングする時に常にジグヘッドの姿勢を意識してロッドを動かしてます。

ジグヘッドの姿勢とは

アジから見て違和感ない動きになるように、なるべく水平を保ちジグヘッドが立った状態になったりフラフラした状態にならないように

CHECK
  • 潮の速さ・向き
  • 風の強さ・向き
  • ジグヘッドの重さ
  • ワーム形状による潮受け

等を考慮してロッド操作をしています。と言うか長年意識してたので癖付いて身体が勝手にやってますw

その為ロッドを立てた状態の時が人より少ないかもしれません。

自分の中で動かしやすく尚且つ疲れないロッドワークは人によって違うと思います。

いくらメディアに出てるプロの真似しようとしてもご自身のスタイルに合わなければ疲れるだけなので、ご自身で色々試して見つけて下さい。

考察

僕の考えではジグヘッドの姿勢が悪かったら、違和感を感じ見切られたり、餌として認識されてないように感じてます。

外灯効いてる足元にアジが群れてる時に真下に落としてジグヘッドを上下に動かしても反応しない事ないですか?

それを横にスーッと泳がしてやると着いてきたり喰ってきたりした経験ありませんか?

サビキ釣りも縦に落とすけどハリス付いてるから針自体は横向いてますよね?

サビキも放置して針が縦になれば喰わないとまでは言わないにしても喰いつきは悪くなると思います。

その観点から考えてもジグヘッド(針)の姿勢って凄く大事だと思っています。

漁師の友人からの教えて貰ったこと

これは数年前の話ですが僕は漁師の友人にカブラを使ったアジ釣りに連れて行って貰い漁師の友人とは違う仕掛けでやりました。(カブラは一緒)

漁師の子は普段やってる仕掛け(手釣り)で僕は竿を使ったので、手返しを重視する為に漁師の子より幹糸もハリスも短めに設定しました。

これだけで釣果に雲泥の差が出ました。

やりにくくても漁師の子と同じ仕掛けにすると変わらずの釣果が出たので腕の差では無いのは確かですw

気になったので聞いてみると漁師の子曰く潮の速さとハリスの長さのバランスがええからカブラが綺麗に横に流れてて喰いやすいんやで!って教えてくれました。

この言葉に今回書いたジグヘッドの姿勢のヒントがあったんです!漁師さんは生活の為に先代が試行錯誤して『これや!』ってのを見つけて後の世代に引き継いで継承しています。

それを人によってアレンジしたり現代化したりして対応してます。

その人達が綺麗に流せる人と流せない人とでは釣果に明らかな差が出る!って言ってるし、実際に僕も体感して気付ける事が出来たのは良い経験だったと思います。

※ここでの『流す』と言う表現は船や仕掛けと言うよりハリスの長さや幹糸の張り具合を調整してカブラを綺麗に水平になるように流すと言う意味です

まとめ

常にイメージする!

水中でどうなってるか?

常に見えてる訳ではないから分からないけど意識的に『こうやって動かしてやると、こう言う動きになるだろう』や『今こう言う姿勢になってるだろう』って言う『~だろう』と言う考えを持つ事により更に上達を意識したアジングが出来るのではないかなと思います。そのイメージが実際に合ってるかどうかは、どうでも良くて自分の中でのイメージなので、そのイメージを再現出来たら同じ事して釣れるようになるし更にアジングが楽しくなると思います。

1つの考え方として参考になれば幸いです。

綺麗な姿勢をキープ出来るおすすめのジグヘッド

皆様の応援のおかげでランキング上昇中

1日1回ポチッと押して欲しいです↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

最後までお読み頂き

ありがとうございました。

関連記事

コメントを残す