表層アジングで改めて凄さを実感したジグヘッド【ゼログラヘッド】

アジが釣れた時の写真

アジングで表層釣るのに強いジグヘッド『ゼログラヘッド』

<strong>BEAST</strong>

BEAST

こんにちはBEASTです

今回は、ここ最近の釣行で使い込んで、改めて凄さを実感した34ゼログラヘッドについて書いてみます。

34(サーティフォー) ゼログラヘッド

アジングする時の表層付近でのゼログラヘッドは最強!?

最近のアジング釣行で検証して表層の釣りに特に特化してると再認識したゼログラヘッドについて書いてみます。

  • 鉛に樹脂をコーティングしてる
  • 超スローフォール

今回のアジングで同時に検証したジグヘッド

34ストリームヘッド
34ゼログラヘッド
  • ショートシャンク
  • オープンゲイブ
  • 鉛に樹脂をコーティングしてる
  • 超スローフォール

この日の釣り場の状況

ちょっと沖目で表層にライズはあるが、ライズしてるのはネンブツダイ・・・無数に湧いてる状態。

その下にアジは居るが群れは大きくない感じ。

※あくまでイメージです。

まずは僕の基準となるストリームヘッド0.8gからスタートするけど、反応はいまいちだったから、もうちょい沖かな?と思い、ストリームヘッドの1.0gに変えたけど、更に反応は無くなったので0.5gに変えてみました。

魚からの反応の数は明らかに増えたのですが、高反応なのは着水したところから2mくらいまで・・・

これでは効率悪いなぁと言うことでゼログラヘッドの0.7gを投入。

これが正解だったのか?立て続けにアジが釣れてくれました。

ゼログラヘッドで釣れたアジ

何故ゼログラヘッドにしたのか?

飛距離を出したいけど、あまり沈めたくないって言う時は最強だと思ってます。

今回の状況では沈下速度は遅くなるため表層に湧いてるネンブツダイが一斉に襲ってくるけど、そのアタリは無視して辛抱強く沈めてやると明らかにアタリ方が違うアタリがあるから、それを合わせるとアジが釣れてくれました。

これを何度試しても状況は同じで、上のアタリを掛けていくと、やはりネンブツダイ・・・

もう一段階ちゃんと沈めてやるとアジ・・・

これが面白くてたまりませんw

その後もストリームヘッドに戻し試してみるも、釣れるには釣れましたがやはり難しいのでゼログラヘッドで釣る方が楽でした。

まとめ

改めて使い比べる事で、そのシチュエーションによって釣りやすいジグヘッドがある!と再認識させてくれます。

だから色んなシチュエーションを想定して、基準のジグヘッド、表層に強いジグヘッド、高活性時に手返しよく使えるジグヘッド、豆アジに強いジグヘッドみたいに分けて考える事で無駄なくジグヘッドを揃えれるのではないでしょうか?

是非皆さんもBOXの中覗いてザックりシチュエーション別で分けてみて下さい。

何か発見があるかもしれませんよ。

こちらの記事でもジグヘッドについて書いてますので、読んでみて下さい。

34(サーティフォー) ゼログラヘッド

皆様の応援のおかげでランキング上昇中

1日1回ポチッと押して欲しいです↓↓↓

にほんブログ村 釣りブログ アジングへ
にほんブログ村

最後までお読み頂き

ありがとうございました。

関連記事

コメントを残す